研究開発

当社は、「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、これまで克服されていない病気や、いまだ患者さんの治療満足度が低く、医療ニーズの高い疾患領域に挑戦し、独創的かつ画期的な医薬品の創製に向けて努力を積み重ねています。


創薬方針

  • 独自ライブラリーやオープンイノベーションを生かして、ユニークな薬理作用を有する化合物を創製する(化合物オリエント)
  • アンメットニーズの高い疾患領域を重点領域として取り組み、疾患専門性を高める
  • ユニークな化合物と疾患専門性を繋げることで、独創的で画期的な新薬を生み出す

●重点領域

創薬研究においては、特徴のある生理活性脂質や独自の標的分子に着目して画期的な新薬候補化合物の創製を目指す創薬アプローチ「化合物オリエント」をベースに、4つの重点研究領域を定めています。



●オープンイノベーション

当社は、オープンイノベーションをグローバルで積極的に展開し、世界最先端の技術や知見を取り入れています。また、世界トップクラスの研究者とのネットワークを構築するとともに、従来の低分子創薬に加え、抗体や細胞、ウイルスなどの生物製剤も利用することで、医療現場に革新をもたらす新薬の創製を目指します。