監修: 財団法人脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院 アレルギー・頭頚部センター所長
千葉大学 名誉教授 今野昭義先生

●アレルギー性鼻炎って?

アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応を起こす原因物質(アレルゲン)によって、ふたつに分類されます。

@季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)
花粉がアレルゲンであるため、花粉の飛ぶ季節だけ症状が現れます。
主なアレルゲンは、スギ、ヒノキ、シラカバ、ブタクサ、ヨモギなどです。

A通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲンが一年中あるので、一年中症状があります。
主なアレルゲンは、ダニ、家の中のちり(ハウスダスト)、ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛、フケなどです。

アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むことで作り出される、
体に害を与える化学伝達物質(ロイコトリエンなど)によって、鼻の粘膜が過敏になったり腫れあがったりします。
その結果、鼻の通りが悪くなり、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状が起きます。