就職希望の皆さまへ

 

小野薬品では、社員が安心して仕事に専念できる働きやすい職場づくりに、日々取り組んでいます。多様な能力・価値観・発想力を持つ社員の一人ひとりが活き活きと働き、その個性を最大限に発揮するためには、福利厚生の充実や、ライフステージに応じた支援制度と環境の整備が重要と考えています。
また、人財を活用するための経営戦略として、多様な人財が小野薬品に集うことを目指した『ダイバーシティ(多様化)マネジメント』の推進にも、積極的に取り組んでいます。

ダイバーシティの推進は、新たな価値観の創造や業務革新につながります。また、ワーク・ライフ・バランスとダイバーシティは密接に関係しており、この2つの視点から以下のような取り組みを行っています。

 

●女性活躍支援の取り組み

近年、全ての部門において女性の採用者数を増やしており、新卒採用者に占める女性の割合も5年前と比べて増加しています。女性管理職の比率はまだ低いですが、管理職登用も含めて、女性がより活躍できる能力を身につけられるよう取り組んでいます。
今後も、すべての社員が夢とやりがいを持って仕事ができるような職場づくりを目指します。

 

男女別新卒採用率

●子育て支援の取り組み

少子化が進む中、社会全体で子育て家庭を支援し、子どもを生み育てやすい環境整備を推進するため、企業に対しても仕事と育児の両立を支援する取り組みが求められています。
小野薬品は次世代育成支援対策推進法に基づき一般事業主行動計画を策定し、計画目標を達成することで、一定の基準を満たした「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみんマークの認定)を受けています。
また、法を上回る育児休業制度の整備など、さまざまな子育て支援制度を導入しています。
さらに、産前・産後や育児休業者が不安なくスムーズに復職できるように、休業中の社内情報や新制度情報の提供、復職支援施策の利用促進、コミュニケーションを促進するための対策を推進しています。

これまでに3期にわたり、くるみんマークの認定を取得、現在は第4期一般事業主行動計画を策定し実施しています。

 

第4期計画期間:2014年4月1日〜2017年3月31日

女性社員の継続就業支援について、新たな支援制度の検討と導入および周知を行う

所定外労働時間の削減措置の実施

年次有給休暇の取得促進に向け、現状調査とその対策措置を講じる

●「均等・両立推進企業表彰」二部門で受賞

厚生労働省が主催する平成27年度「均等・両立推進企業表彰」において、均等推進企業部門では「大阪労働局長優良賞」、ファミリー・フレンドリー企業部門では「大阪労働局長奨励賞」を受賞しました。

 
 
 

均等推進企業部門における受賞理由

女性の少ない職種における職種別研修の実施

結婚および配偶者の転勤の際に勤務先を考慮する仕組みの導入と「福利厚生制度活用ハンドブック」による両立支援制度の周知

課長職を対象としたダイバーシティマネジメント研修を通じた社内環境づくり

ファミリー・フレンドリー企業部門における受賞理由

育児・介護に伴う継続就業支援制度の拡充

育児休業制度(子が満3歳に達する日の月末まで)

育児における所定外労働免除制度(小学校就学前まで)

介護休業制度(対象家族1人につき、通算1年間を限度に休業)

短時間勤務制度
育児:小学校3年生の3月末まで、30分単位で最大2時間まで短縮可
介護:通算1年間を限度に、1時間または2時間まで短縮可

結婚、配偶者の転勤に伴う退職での再雇用制度(登録期間を10年間に延長)

スムーズな職場復帰のためのサポート体制の構築など社内環境整備の推進

「託児所・ベビーシッター補助」「営業車の託児所送迎時の使用許可」など、仕事と育児を両立するための制度の導入

以下、ライフステージに応じた支援制度の一部をご紹介します。

 

特別有給休暇
特別有給休暇として結婚時に5日間、子出生時に2日間が付与されます。

育児休業制度
法の定める育児休業期間は子どもが満1歳に達するまでですが、当社では子どもが満3歳に達するまで育児休業を取得することができます。

育児短時間勤務制度
法の定める育児短時間勤務の取得期間は、子どもが満3歳に達するまでですが、 当社では小学校3年生の3月末まで、30分単位で1日最大2時間取得できます。
分割することもできるので、たとえば朝30分+夕方1時間30分の短縮など、それぞれのライフスタイルに合った勤務時間を選択できます。

フレックスタイム制度の導入
多様な働き方を行うことで、仕事と家庭、育児、介護との両立といったワークライフバランスの向上を支援するため、研究所においてフレックスタイム制度を導入しています。

託児所・ベビーシッター補助
就学前のお子さんがいる共働きの家庭で、託児所・ベビーシッターの利用に対して、会社から補助金が支給されます。また、共働きの家庭でなくても配偶者の病気などで利用した場合も補助金が支給されます。

営業車の託児所送迎使用許可
MRに貸与される会社の営業車を利用して、就業前後にお子さんの託児所送迎を行うことが認められています。

勤務地の考慮
制度ではありませんが、結婚時および配偶者の転勤時に、社員の勤務地を考慮します。

配偶者転勤休業制度
配偶者が海外転勤になっても夫婦で生活を共にしたい、自身のキャリアもあきらめたくないという社員が、配偶者の海外転勤に同行することを希望した場合、同居を前提に最大3年間休職することができ、その期間が終了すれば速やかに職場復帰ができる制度です。

退職者再雇用登録制度
結婚や出産・子育て、家族の介護といったライフステージを迎え、会社の諸制度などを利用しても、仕事との両立が困難で、やむを得ず退職となることがあるかもしれません。
退職時に当制度に登録しておくと、職場復帰できる環境や条件が整ったときに会社に連絡することで、人員募集が発生した際に、優先的に案内が行われます。

このように、小野薬品では女性のみならず社員一人ひとりが継続して就業できる環境づくりを行っています。