海外事業展開

海外事業展開

海外への挑戦

世界に目を向けると、先進国では高齢化の進展、新興国では人口の増加を背景として、いまだ満たされない医療ニーズは高まっており、グローバルでの医薬品市場は今後も成長していくものと見込んでいます。
当社は、世界のフィールドで闘える「グローバル スペシャリティ ファーマ」をめざし、海外展開に向けて挑戦していきます。

海外事業展開の推進

抗がん剤など一部のスペシャリティ製品については、海外でも自社で販売していくために、アジアから事業の基盤づくりに取り組んでおり、OPKRとOPTWの設立後、その活動は順調に進捗しています。
韓国、台湾両国で、抗がん剤オプジーボが複数のがん腫を対象に承認を取得し、自社販売を開始しています。韓国および台湾のがん治療の発展に大きく寄与することを目的に、学術活動を全国的に展開し、日本の医師や欧米の医師も講師に起用しながら適正使用を促進するなど、安全性対策にも力を入れています。全国レベルの規模の学術情報活動だけでなく、地域に根差した小規模なレベルの情報提供活動も展開することで新たな風を吹き込み、アジアトップのオンコロジー企業になるべく、活動に取り組んでいます。
欧米での自社販売については、まず当社の強みを発揮できるニッチな市場に焦点を当てて候補化合物を絞り込み、第一歩を踏み出すことをめざしています。
当社は、真のグローバル企業となるべく海外事業の推進体制の整備と強化を進め、これからも医療従事者の方々とともに、世界の患者さんの治療に役立てるよう、活動を続けていきます。