CSR活動

地球環境

異常気象をはじめとする地球温暖化の影響は年々大きくなってきており、地球温暖化防止に向けた取り組みは、国際社会の重要な課題となっています。また、COP21におけるパリ協定では、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑えることが掲げられ、人間活動による温室効果ガスの排出量を実質的にはゼロにしていくことを目標としています。そこで、当社は「小野薬品環境指針」に基づいた環境ビジョン(ECO VISION 2050)を定め、事業活動に伴って排出される温室効果ガスの削減に向けて全社的に取り組んでいきます。また、環境に対する企業の社会的責任を認識し、豊かな地球環境の実現に向けて、事業活動の全分野において環境に配慮した活動を推進します。


小野薬品環境指針

  • わたしたちは、環境に対する企業の社会的責任を認識し、事業活動のあらゆる分野において環境に配慮した活動を行い、豊かな地球環境の実現に向けて取り組みます。
  • 環境関連の法令を遵守するとともに、目標と活動計画を設定し、資源と生物多様性の保全活動を推進します。
  • 事業活動に当たっては環境に配慮し、省資源、省エネルギー、水資源の保全、リサイクルの推進、廃棄物の減量化、汚染の予防などに取り組みます。
  • 環境にやさしい“ものづくり”に努め、社会との調和を図ります。
  • 環境問題の理解に努め、全員参加のもとで、環境に配慮した活動を推進します。

環境ビジョン

当社は持続可能な社会の実現のため、2050年に向けた環境ビジョン「Environment Challenging Ono Vision(ECO VISION 2050)」を策定しました。

ECO VISION 2050

ビジョン策定の背景

近年、気候変動など地球環境課題が深刻化しており、2050年の未来では、水や食料の不足、新たな疾患の増加、自然災害の甚大化による生活の基盤の破壊など、さまざまな脅威が人々の健康で健全な生活を脅かすと予想されます。
「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、当社が、革新的な医薬品の創製によって、未来においても健康で健全な社会づくりを推進するためには、当社の事業活動が健全な地球環境に支えられて成り立っている事を認識し、環境課題の解決に向けた取り組みを強化することが重要です。それが環境に対する企業の責任であると同時に、持続的な事業活動の基盤構築にもつながると考えます。
人々が健康で健全な社会を迎えられるよう、当社は「ECO VISION 2050」のもと、2050年を見据えて環境負荷低減に向けて挑戦していきます。

中長期目標

「ECO VISION 2050」の実現に向けて、「低炭素社会の実現」「水循環社会の実現」「資源循環社会の実現」の3つを重点項目と定め、温室効果ガス、水使用量、廃棄物についての具体的な中長期目標を設定しました。

●温室効果ガス

グラフ※自社排出はスコープ1とスコープ2の合計値、取引先はスコープ3を表しています。

●水使用量

2030年度に、水資源使用量(取水量)を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>

●廃棄物

  1. 産業廃棄物の最終処分量を毎年1%以下とする(※)
    ※非リサイクル(=埋立・単純焼却)の割合を総量の1%以下とすることを、小野の「ゼロエミッション」の基準と定義する
  2. 2030年度に、産業廃棄物の排出量を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>
  3. 事業活動において、環境負荷低減を促進していく。