小野薬品について

営業(学術情報活動)

的確な医薬品情報の提供・収集・フィードバックを通じた製品価値の向上

医薬品は、医療の現場において正しく使われ、病に苦しむ人々のもとに届けられることにより、真に価値のあるものとなります。また、医薬品は人の生命に深く関わるものであり、的確な情報提供が何よりも重要です。この大切な役割を担うのが、MR(医薬情報担当者/ Medical Representative)です。MRは、医療従事者に面会し、医薬品の適正な使用方法の提供や、医薬品の有効性および安全性に関する情報の提供・収集などの活動をします。


●製品価値向上のためのマーケティング活動

マーケティング部門では、それぞれの製品の価値を最大化させるために、製品ライフサイクルのステージごとの環境変化を機敏に捉え、常に競争優位性を担保しうる戦略を立案し、それを実現するよう努めています。
さらに、NBM(Narrative-based Medicine)=「患者さんのための実臨床に基づく医療」の構築に向け、医療従事者との面会を通じて患者さんの声を収集し、潜在的な医療ニーズを把握する取り組みを行っています。この取り組みを通じて得られたことをその後の情報提供活動に生かし、製品価値の向上を図っています。


●情報共有体制の構築

MRは、情報の提供だけにとどまらず、患者さん一人ひとりの治療経過を通じ、当社の医薬品が真に患者さんやご家族の役に立っているのかについて、医療従事者と情報交換することも大切にしています。MRが医療現場で収集した貴重な情報は、全社で共有される体制になっています。そして、MR全員がタブレット端末を所持し、いつでも端末を通じて有用な情報にアクセスし、活用できるシステムを構築しています。また、MR全員が携帯するスマートフォンは機密性が高く保たれ、営業プロセス全体の効率化を図る営業支援(SFA)システムや、FAQシステムを活用できる機能が搭載されています。
情報共有を推進し、医療機関からのニーズに迅速に対応できる体制を構築しています。


●最新の医薬品情報の提供

医薬品および医療技術は日々進歩しています。その最新情報を医療の現場にいち早く提供するとともに、情報を交換できる場を提供することも、医薬品メーカーの役割の一つです。
当社は、国内で開催される各学会でのシンポジウムやセミナーに加え、地区ごとの研究会や講演会を通じての情報提供を積極的に行っています。また、医療関係者向けのWEBサイトを複数運営し、最新情報の発信に力を入れています。さらに、2017年度には年間100回以上のWEBライブセミナーを開催しました。地域ニーズに沿った小規模のエリアWEBライブセミナーの取り組みも実施し、医療現場への最新の医薬品情報の提供に努めています。


●地域に根差した活動の強化

地域包括ケアシステム構築に向けて各エリアの医療圏構想が進むなか、それぞれの医療提供体制の特徴を理解し、診療提供体制において改善が見込める点を医療機関とともに考えたうえで、当社の医薬品が真に患者さんの役に立つよう提案することで、医療従事者から感謝される情報提供活動ができる存在となることをめざしています。
当社のMRならではの活動の一つとして、TDM(テーブル ディスカッション ミーティング)を各エリアで実施しています。それぞれの地域の課題に沿ったテーマを立案して講演会を実施し、講師との議論を通じて、日常の診療における疑問を解決できる機会を提供する企画であり、エリアごとに異なるニーズに応えることで地域医療に貢献できるよう、創意工夫しています。


●研修体制の充実

患者さんとそのご家族のニーズを捉え、真に患者さんのためになる医薬品をお届けするために、医療機関などでの現場研修も行っています。医療機関から当社のこのような研修に対する賛同とご協力を得て、認知症、糖尿病、がん関連施設、透析専門の医療機関での現場実習を実施しています。