平成10年2月12日  

米国トレガ・バイオサイエンス社と
新たな研究契約の覚書に調印


小野薬品は12日、米国のベンチャー企業トレガ・バイオサイエンス社と、小野が興味を有する新規テーマにおいて小野が見出したリード化合物を最適化し、経口低分子化合物を創製することを目的とした新たな研究契約の覚書に調印したと発表した。 契約により小野薬品は(1)トレガ社に研究資金、開発段階におけるマイルストーン、販売に伴うロイヤルティを支払う、(2)創製化合物の全世界の権利を得る。

小野薬品とトレガ社は昨年6月に炎症疾患にかかわるメラノコルチン受容体作動薬の創製の為の研究契約を締結しているが、今回の契約は小野が興味を有する他のターゲットにトレガ社のコンビ化学技術を応用することを目的としている。