平成14年5月17日

生産体制の効率化について

 現在、当社の生産体制は、注射剤・内服固形剤の製剤から包装に至るまでの一貫製造施設として、フジヤマ工場(静岡県富士宮市)および城東工場(大阪市東成区)が、又、包装工程を主たる業務とする施設として、淡路工場(大阪市東淀川区)があり、計3工場体制の中で、これまでフジヤマ工場および城東工場で製剤化された一部製品(慢性膵炎治療剤フオイパン錠、汎発性血管内血液凝固症治療剤エフオーワイ500等)の包装工程を淡路工場が担っていました。

 当社では、今般、生産拠点を集中させることで、より一層の業務の効率化を図り、コスト競争力を高めるために来年の年初をめどに淡路工場を閉鎖し、城東工場に統合することに致しました。
 淡路工場の製造設備は今年中に城東工場に移設する計画で、これに伴い淡路工場の従業員も城東工場に異動する予定です。
 これにより、間接業務の集約化を図れるほか、淡路工場の建物に係る管理費、工場間の輸送費、輸送に伴う梱包作業、受入れ試験作業などが削減出来ます。

 尚、閉鎖後の淡路工場は当社の関係会社である東洋製薬化成株式会社および株式会社ビーブランド・メディコ・デンタルが利用する予定です。
 東洋製薬化成は自社製品、小野薬品の製品の一部および他社製品の一部製造を行っていますが、現製造工場が手狭になってきている事に加え、将来的な製造受託の拡大に備えるため、自社製品および製造受託製品の一部包装工程を淡路工場に移す予定です。
 又、ビーブランド・メディコ・デンタルは仕入れ製品の物流倉庫を現在、賃借しておりますが、今後、淡路工場の一部を物流センター(仕入れ製品の入庫・出庫管理)として利用する予定です。

小野薬品工業株式会社
広報室
TEL : 06-6222-5551
FAX : 06-6222-2875