研究開発

研究開発理念と創薬方針

当社は、「真に患者さんのためになる医薬品を開発して社会に貢献する」ことを研究開発理念とし、これまで克服されていない病気や、いまだ患者さんの治療満足度が低く、医療ニーズの高い疾患領域に挑戦し、独創的かつ画期的な医薬品の創製に向けて努力を積み重ねています。

研究開発の特徴

独自の創薬アプローチ「化合物オリエント」をベースに、医療ニーズの高い疾患領域を重点領域に据えて、医療現場に革新をもたらす新薬の創出をめざします。そのために、特定の研究分野で世界をリードする大学や研究機関、バイオベンチャー企業との研究・創薬提携を強化・拡充し、医療ニーズの高い分野での革新的な化合物の導入や新技術の獲得も積極的に進めています。

 

自社創薬

 

オープン
イノベーション

 

ライセンス活動

 
 

自社創薬

 
 

オープン
イノベーション

 
 

ライセンス活動

研究開発体制

 

研究体制

自由な発想で研究を進めるために異なる先端技術を持つ各分野の研究員が枠組みにとらわれずプロジェクトチームを結成し、お互いが交流し、刺激しあえる体制を取っています。

 

開発方針

日本・アジア・米国・欧州において新薬開発基盤の整備をさらに進めることで、効率的なグローバル開発体制の構築と臨床開発のスピードアップに取り組み、日本・アジアに加え、米国・欧州でも自社で承認申請を行うことのできる体制の構築を目指しています。

 

開発
パイプライン

 

研究者主導
研究支援

各種ガイドライン