海外事業展開

世界のフィールドで
闘える
グローバル
スペシャリティ ファーマへ

当社の新薬を世界中の患者さんに提供できるよう、まずは大規模な営業組織を必要としないニッチな領域の製品について、 海外での自社販売をめざして取り組んでいます。すでに、韓国・台湾では、現地法人を設立して製品の販売を行っています。 欧米については、今後の自社販売を視野に入れた開発を含めた体制の整備・強化に取り組んでいます。

Step1 海外自販への挑戦→・韓国、台湾での自社販売開始 ・アジアでの事業基盤づくり ・米国、欧州での新薬開発体制強化 Step2 欧米自販への挑戦→・アジアでの売上拡大 ・欧米市場での自社販売へ Step3 真のグローバル企業へ→・グローバル開発品の拡充 ・欧米発の開発品を世界の患者さんへ

グローバル企業への成長に向けたステップ

当社の海外展開は、海外自販に向けて、まず韓国・台湾で自社販売体制を確立しました。現在、韓国・台湾では売上の拡大を図るとともに、欧米において後期臨床試験~承認申請までを自社で実施できる開発体制、および米国では自社販売体制の構築を進めています。将来は、グローバル開発・自販展開により世界中の患者さんに当社の医薬品をお届けすることをめざしています。

海外拠点について

成長著しいアジアに目を向け、韓国や台湾に加え、中国、アセアンで自社販売を目指していくために、これまでに韓国、台湾、イギリス、アメリカの4カ国で事業所を開設するなど、スピードを重視した海外展開を手掛けてきました。医薬品のメガマーケットであるアメリカ・ヨーロッパへの積極的なアプローチを視野に入れた展開を加速させる方針です。

  • 写真は現地オフィスが入居しているテナントビルです。