海外事業展開

海外事業展開

海外事業展開の推進

臨床開発においては、日本を中心として、米国では、現地法人ONO PHARMA USA, INC.(OPUS)内に、欧州では、現地法人ONO PHARMA UK LTD.(OPUK)内に臨床開発の拠点を設置し、両現地法人の社員が当社の新薬候補化合物の海外臨床試験を推進しています。また、アジアにおける臨床開発にも積極的に取り組んでいます。
また、抗がん剤など一部のスペシャリティー製品について、海外でも自社で販売していくことができるように、アジアから事業の基盤づくりに取り組み始めており、2013年韓国のソウル特別市に当社100%出資子会社「韓国小野薬品工業株式会社」を設立、2014年に台湾の台北市に同じく「台灣小野藥品工業股彬有限公司」を設立しました。
韓国においては、2015 年3月に、悪性黒色腫を対象として抗悪性腫瘍剤オプジーボが承認を取得しました。上市後は、BMS社と締結した戦略的提携に基づき、共同で販売促進を進めていきます。また、台湾においても開発を推進しており、今後も医療従事者の方々とともに、世界の患者さんの治療に役立てるよう、活動を続けていきます。