小野薬品について

研究開発理念

真に患者さんのためになる医薬品を開発して社会に貢献

当社は、「真に患者さんのためになる医薬品を開発して社会に貢献する」ことを研究開発理念とし、これまで克服されていない病気や、いまだ患者さんの治療満足度が低く、医療ニーズの高い疾患領域に挑戦し、独創的かつ画期的な医薬品の創製に向けて努力を積み重ねています。


これまで生理活性脂質や酵素阻害剤の研究過程で豊富に蓄積してきた新規化合物をライブラリー資産として保有し、そのなかから疾患や治療に結びつく薬剤を探し出す「化合物オリエント」という手法で創薬に取り組んできましたが、今後は、この手法を基盤としつつ、医療ニーズの高いがんや免疫疾患、中枢神経疾患を重点領域に定めて経営資源を集中的に投入します。また、オープンイノベーションを推進し、国内外のバイオベンチャーや大学・研究機関との共同研究を通じて世界最先端の知見や技術を取り入れることで、医療現場に革新をもたらす新薬の創製を目指しています。

臨床開発では、厚生労働省に医療用医薬品としての製造販売承認申請を行うために必要なデータ収集の役割を担っており、最速での承認取得を目指し、国際共同治験の実施や海外臨床成績の相互利用の推進などを通じ、スピードアップを図っています。