小野薬品について

営業(学術情報活動)

的確な医薬品情報の提供・収集・フィードバックが医薬品の真価を高めます

いかに優れた医薬品であっても、医療の現場において正しく使われ、病に苦しむ人々のもとに届けられなければ価値がありません。また、医薬品は人の生命に深く関わるものであり、的確な情報提供が何よりも重要です。この大切な役割を担うのが医薬情報担当者であるMR(Medical Representative)です。
MRは、医療従事者を訪問し、医薬品の適正な使用方法の提供や、医薬品の有効性および安全性に関する情報の提供や収集などの活動をします。高い倫理観に基づいて医療従事者とともに医療の一端を担い、患者さんの治療に役立つことで社会に貢献することがMRの使命です。


●情報共有体制の構築

MRは、情報の提供だけにとどまらず、患者さん一人ひとりの治療経過を通じ、当社の医薬品が真に患者さんやご家族の役に立っているのかについて、医療従事者と情報交換することも大切にしています。
MRが医療現場で収集した貴重な情報は、全社で共有される体制になっています。当社では、これまで得られた情報を集積・分析して作成した「製品別Q&A」をはじめ、安全性情報、プロモーション資材、学会・文献情報、共催セミナー情報など、あらゆる情報を独自のMR支援サイトに掲載しています。そして、MR全員がタブレット端末を所持し、いつでも端末を通じて有用な情報にアクセスし、活用できるシステムを構築しています。
また、MR全員が携帯するスマートフォンは機密性が高く保たれ、営業プロセス全体の効率化を図る営業支援(SFA)システムや、FAQシステムを活用できる機能が搭載されています。
情報共有を推進し、医療機関からのニーズに迅速に対応できる体制を構築しています。


●最新の医薬品情報を医療現場に提供

医療技術は日々進歩しています。医薬品に関しても同様で、その最新情報を医療の現場にいち早く伝達するとともに、情報を交換できる場を提供することも、医薬品メーカーの役割の一つです。当社は国内で開催される各学会でのシンポジウムやセミナーに加え、地区ごとの研究会や講演会を通じての情報提供を積極的に行っています。また、「ONOメディカルナビ」や「ONO ONCOLOGY」などのWEBサイトを通じた疾患情報の発信やWEBライブセミナーなど、ITを活用した取り組みにも力を入れています。
さらに、2014年には専門性の高いがん領域での新製品の上市に伴い、がん領域を専属で担当する専門MRを設けるなど、大学や専門施設の専門医が求める高いニーズにも迅速に応えられる体制の構築を進めています。


●MR研修体制の充実

当社では、MRの成長のため、人への投資を積極的に拡大し研修体制を強化しています。
当社の製品および周辺疾患に関する研修はもちろんのこと、日本製薬工業協会が策定した、研究者・医療従事者・患者団体などとの交流を対象とした行動基準「製薬協コード・オブ・プラクティス」を周知徹底するための研修を継続的に実施しています。本社および全国の支店において研修を行い、変更や追加条項についてもしっかりと周知されるよう図っています。
さらに、患者さんとそのご家族のニーズを捉え、真に患者さんのためになる医薬品をお届けするために、認知症、糖尿病、がんの専門の医療機関などでの現場研修も行っています。
特に認知症においては、MR全員が“認知症について正しい知識を持ち、認知症の方やご家族を応援し、誰もが暮らしやすい地域をつくっていくこと”を目的とした「認知症サポーター養成講座」を受講し、サポーターとして活動しています。
このような取り組みは医療機関からも賛同を得て、ご協力いただくことができています。
普段の活動だけでは手に入れられない経験を糧にして、患者さんとそのご家族の目線を大切にした、小野薬品のMRならではの営業活動につなげていきます。